« スポンサードリンク »
ホーム » └食事・食べ物 » 冷え性を改善する食事|体を温める食材の選び方

冷え性を改善する食事|体を温める食材の選び方

エビ料理

食材の性質を知れば冷え性改善の食事に役立ちます


冷え性でお悩みの女性の中には、食事で改善したいと思っている方もいますよね
中には冷たい物を食べたり飲んだりするとすぐにお腹を壊してしまうため
できるだけ温かいものを食べるようにしているという方もいるようです


この食事のとり方は冷え性さんにとってとても大切なこと
多くの方の場合、胃腸など消化器系なども冷えているため
飲食物をきちんと消化できず、栄養素や血液が体内に届けられないことが考えられます


栄養素や血液が体内をくまなく巡ることでエネルギーにもなりますし
代謝もアップし、免疫力も上がります
そうすると体内で熱を作る状態になるので、体を温める機能も正常になるのです


東洋医学は、食材にも生薬と同じ様に効能があり、季節やその人の体質や病気などによって
食材を選んで調理し、健康増進や体質改善、病気の治療に用いてきました

それが薬膳です






薬膳の考えを取り入れて冷え性改善の食材を選ぼう


薬膳では幾つかのルールがあり、その中には
食材の温めたり冷やしたりする性質を用いて調理するというものがあります
冷え性の食事は、主に体を温める「温熱性」と温めも冷やしもしない「平性」の物を使います


【冷え性改善の食材】

<野菜・芋類>
キャベツ、ブロッコリー、カリフラワー、にんじん、小松菜、春菊、カブ、
きくらげ、しいたけ、かぼちゃ、ジャガイモ、山芋、サツマイモ、里芋、
ピーマン、パプリカ、玉ネギ、ネギ、生姜、にら、大葉、ニンニク、
香菜、らっきょう、ミョウガ

<穀類>
うるち米、もち米、とうもろこし、オートミール

<豆類>
あずき、大豆、黒豆、そら豆、いんげん、えんどう豆、豆乳

<ナッツ類>
くるみ、栗、松の実、ピーナッツ、アーモンド、クコの実、
ゴマ、黒ゴマ、銀杏、かぼちゃの種、ひまわりの種

<果物>
ミカン、桃、さくらんぼ、ザクロ、ぶどう、スモモ、レモン

<肉・乳製品>
鶏、牛、豚、豚レバー、羊肉、ハム、卵、牛乳、チーズ

<魚貝類>
サバ、カツオ、鮭、アジ、太刀魚、スズキ、エビ、イカ、ホタテ、ムール貝、ウナギ

<調味料・スパイス類>
砂糖、ハチミツ、黒砂糖、水飴、酒、酢、
唐辛子、コショウ、シナモン、山椒、花椒、八角、丁子、フェンネル、ウコン

<その他>
ジャスミン茶、ココア、コーヒー、ハマナスの花(バラ)、ミカンの皮





調理方法は、出来れば、蒸す、焼く、煮るなどの加熱調理がおススメ
これは、胃や消化器系が冷えている時に生物や冷えた物をを入れると一層冷えてしまい
消化活動が正常に行われなくなったり機能低下を招くので、内臓を温めるためです


油の取り過ぎには注意が必要なので、揚げ物や油っぽい調理は控えめにしましょう
油をとり過ぎると胃や消化器系に負担がかかってしまいます
ただし、適度な油は体を温めてくれますので、炒め物や温野菜のドレッシングなどはOKですよ


このようなスーパーで売っている食材だけを使って、自宅でも薬膳が出来ます
中華に限らず、和食でも洋食でも調理法は問いませんので、
是非おうちで作る冷えとり薬膳料理にチャレンジしてみましょう












Return to page top

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。