« スポンサードリンク »
ホーム » └運動・ストレッチ・ヨガ » 冷え性と運動不足の関係|筋肉量をアップして体温を上げよう

冷え性と運動不足の関係|筋肉量をアップして体温を上げよう

腹筋する女性


運動しないから冷える?冷えと運動不足の関係とは


冷え性の原因の一つに運動不足があります
日頃定期的に運動していない人ほど、体が冷えている事が多いようですね
でも、冷え性さんの中には運動はどうも苦手という方もいるでしょう


では、なぜ運動をしないと体が冷えてしまうのでしょうか?
理由はいくつかありますが、肉体的な点でみると筋肉が硬いということがいえます
この場合の「硬い」というのは、アスリートの筋肉とは違う硬さです


アスリートの筋肉は常に動かしているので、しなやかで柔軟性があります
しかし、運動をしていない人の筋肉はしなやかさや柔軟性がない硬さ
例えるなら柔らかいゴムはよく伸びますが、硬いゴムは伸びずに硬いといった感じ


また、筋肉を動かすことで熱が発生するので体が温かくなります
つまり、代謝が上がって体温調節をするのも筋肉の働きによるもの
運動しないと代謝が上がらないため、自分で熱を作りにくくなってしまうのですね


もちろん熱を作るのは筋肉だけではありません
食事なども熱を発生させますが、筋肉は全体の約4割もの熱を作り出していまです
こうして具体的に数字が出ると、運動の大切さがわかりますよね





筋肉量をアップさせて冷えにくい体を目指しましょう



代謝が上がると血行が良くなるので、体の末端まで血液が循環するようになってきます
呼吸とも関係があり、適度な運動は呼吸も深くなるので代謝や血流が良くなります
こうなると体も温まってくるので、精神的にも安定し、考え方も前向きになれますよ


現代人の生活は便利な反面、歩かなくても移動ができたり、デスクワークの人も多いので
意識して運動しないと出来ない生活環境の中にいます
やる気が出ない、体がだるくていつもつらい、という人は少し体を動かしてみましょう


座ったままや寝たままでできる簡単なストレッチでも効果はあります
毎日5分や10分でも良いので自分が出来そうなことすることが肝心です
毎日続ければ習慣してくるので、少しずつ体が変わってくるのが実感できるはずです





Return to page top

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。