« スポンサードリンク »
ホーム » └飲み物 » 体を冷やすお酒|冷えを治したい女性が気をつけたいお酒の飲み方

体を冷やすお酒|冷えを治したい女性が気をつけたいお酒の飲み方

お酒にも体を冷やすものがあります


前の記事では、体を温めるお酒の飲み方を紹介しましたが
今回は体を冷やすお酒についてのお話です
お酒は基本的には体を温めますが、飲み方によっては体を冷やす場合もあるのですよ


どのようなお酒かというと、「冷たいお酒」は体を冷やします
この場合、常温で飲むのであれば良いのですが、問題は冷蔵庫などで冷やしたり
氷を入れたものは要注意です


例えばビール
日本人は、飲む時には大抵1杯目は「まずビール」ですよね
それも、ビールは冷えていて、ジョッキやグラスも冷えている場合が多くないですか?


中にはビールもキンキン、グラスも凍っていて
「ああ、ウマーっ!やっぱりビールはこのくらい冷えていなとね」って
ゴクゴク飲んだりしている場合は危険ですよ





冷えたお酒、多量に飲むと体の中でこんな状態になってます


冷えたビールは確かに美味しいのですが、この時胃は悲鳴をあげています
胃は温まっている状態で正常に働くので
冷えたものが大量に入ってくると機能が低下してしまうのです


つまり、冷えると胃のぜん動運動が鈍くなり、消化活動ができなくなるのですね
冷え性さんの場合、普段から胃が冷えている人も多いので
冷えているところに更に冷たいものを入れれば余計に働かなくなってしまいます


もちろんビールだけでなく、氷の入ったお酒も同じこと
イメージとしては、熱を出した時に頭の上に載せる氷のうありますよね
中に氷を詰め込んだ状態では表側も冷たく、手で揉むと氷のうの素材も固く感じませんか?


一方、温かいお湯が入っていれば揉んだ時も柔らかめな感じがします
胃も同様に、冷たい状態で正常に働けないと、消化不良や胸焼けや下痢など引き起こしますし
長期間その状態が続けば、食欲不振や虚弱状態、慢性胃炎などの疾患の原因にも繋がります


もし冷たいお酒を飲む時には、一度に大量を飲まないこと(温かくてもこれは同じですが)
温かい料理を食べながら少しずつ飲むことで、ある程度胃に負担をかけずに済みます
但し油っぽい料理は胃の中で油が固まり安くなるので多食しないようにしましょう


アルコールは本来、体を温めて血行を促進してくれるもの
だからこそ、昔から薬効効果もあるとされてきました
あまり冷やしすぎず、適量に、温かいお料理と一緒に楽しんでくださいね



Return to page top

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。