« スポンサードリンク »
ホーム » └冷えのぼせ

冷えのぼせの原因|末端は冷えるのに顔がほてる時の対処法

寒いのに顔はほてる女性

冷え性なのに顔や上半身が火照るのを何とかしたい・・・



冷え性の中には、手足は冷えているのに顔だけほてっていたり
下半身は冷たいのに上半身、特に頭部はのぼせたような状態になっている場合

これを「冷えのぼせ」といいます


冷えのぼせも立派な冷え性の症状
でも、正反対の症状が出ているのでどのように対処すればよいか、とても分かりにくいですよね
まずは原因からお話しましょう


冷えのぼせの原因を東洋医学で考えると「気の巡り」の乱れにあります
東洋医学の場合、体を温めるのは「気」の働きと考えます
気がスムーズに体の隅々に巡ることで血も巡り、体を温めることができるのです


でも、気が何らかの原因でうまく巡らず滞ってしまうと体にトラブルが発生します
当然、温めることも出来なくなるので、気がうまく巡ることが出来ないと冷えてしまうことに
冷えのぼせは、上半身にだけ気の巡りが集中してしまっている状態になってしまっているのです


なので、下半身はきちんと気が巡っていないため冷えてしまい
上半身に熱が集中してしまうので、のぼせや火照りの症状が現れるんですね
これは主に過労や生活や環境の乱れ、飲食の不摂生によるストレスから気の滞りが起こります





冷えのぼせの改善方法は気の流れを整えること

では具体的にどのようにしたらよいか、対処法をお話します
ポイントは「ストレスをためない、または発散させること」です
といっても、生活環境も大きく関係しているので、これはなかなか難しいと感じる方もいるでしょう


ストレスを軽減するのには、出来るだけ副交感神経優位になる時間を作ることです
例えば、音楽を聴いたり、アロマを炊いたり、少しぬるめのお風呂にゆっくりと浸かる
など、自分が心地よいと思える時間を出来るだけ作りましょう


また、ストレスを感じやすい人は呼吸が浅いことが多いので
腹式呼吸=深い呼吸をするように意識するのも大切です
ストレッチやウォーキングなどをしながら、胸を開いてお腹に息がたまる様に意識してみてください


また、香りのあるものはストレスを発散し、気の流れを促進する作用があります
お気に入りの香りのアロマやお香でリフレッシュするのもいいですね
また、柑橘類やセロリやパセリなどの香味野菜を取り入れた食事もおススメです





下半身を温める服装を心掛ける


生活スタイルの見直しと共に見直して欲しいのが服装
冷えのぼせさんの場合、下が冷えていて上は暑い状態なので、着こなしは下半身重視です
下半身は重ね着ではきこんで、上半身を軽めのスタイルを作りましょう


寒いとつい上着を沢山着込みたくなりますが、これはNG
上半身を着込んで下半身はミニスカートにレギンスでは
冷えのぼせを助長することになってしまうので、これは絶対にやってはいけないスタイル


スカートならばロングに変えて、保温性・保湿性の高い素材のレギンスやタイツなど
(できれば肌に直接触れる下着はシルクが一番良いです)数枚重ね履きします
もちろん靴下も重ね履きして下半身を温めましょう


中にはこれでもお腹や腰やお尻が冷えるという方もいると思うので
このような時は腹巻もプラスします
こうすることで上下の温めバランスができるので、冷えにくくなります


それでも冷えるという場合は、腰などに使い捨てカイロを貼ってみてください
冷え性さんの場合は自分で熱を作り出す力が弱くなっているので
足りない熱は補ってあげることが大切です



タグ / 冷えのぼせ

Return to page top

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。