« スポンサードリンク »
ホーム » └食事・食べ物

体の内側から温める食事法|温野菜スープなら栄養分もしっかりとれます

ここ数年、温野菜が人気になっていますよね
温野菜は冷え性改善の食事としても大変効果的です
それは体を内側から温めてくれることできるから


冷たい料理のもの、例えばサラダやお刺身などは素材が生である上に冷えているので
冷え性の人にはあまりおすすめできません
しかも、それをいつも食べていたら、改善どころか余計に冷やしてしまうことに


冷え性を改善したいのであれば、食事の内容にも気を使いましょう
冷えた調理法のものは極力避けて、加熱した温かい食事が一番なのです
食材が温まっていることで、内蔵を温めて働きをアップしてくれますよ


加熱調理にも色々とありますが、おすすめの一つが温野菜スープ
数種類の野菜をコトコトと煮込んだスープは、秋冬の寒い時期や
クーラーで体が冷えてしまっている夏場に食べると体がホッと和らぎます


寒い時は、カレースープや唐辛子や生姜、ネギ、ニンニクなど
体を内側から温める食材を使ったホットスープでポカポカになりましょう
タイ風のトムヤムクンや韓国のスンドゥプ、中国の酸辣湯などが代表ですね


旬の食材をたっぷり使ったスープもいいですよ
旬のものは、その時期に体に必要な栄養素を補ってくれるものが多いので
積極的に取るといいでしょう


また、トマトやナスやセロリなどは体を冷やす食材なので
ニンニクやスパイスを少し入れたミネストローネにするといいですよ
ニンニクやスパイスは体を温める働きがあるので、体を冷やす作用を緩和してくれます


野菜スープは朝の忙しい時や仕事で遅くなったとき、元気が出ないときには
簡単に作れる上にしっかりエネルギー補給が出来ます
夜食としても小腹が空いた時に食べる手もありますね


野菜を蒸しただけの温野菜も良いですが、スープにすることでボリュームも出ますし
野菜から出た栄養素も合わせて取ることが出来ます
加熱することで壊れやすい栄養素もありますが、上手に使い分けしてみましょう




Return to page top

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。